黒鯛、釣れない獲物を釣る方法(番外編)

黒鯛(チヌ)は、近郊の海や磯でも釣れるアングラーの対象魚の一つとして、そのタックルも沢山の種類があって実は、色々な釣り方が楽しめて、逆に言えば誰にでも釣れる魚なのでした。なので、本当は釣れる魚だったのです。

クロダイは基本雑食性なので、釣り方にも色々方法がある、とも言えるでしょう。

けれども、イザ釣るとなると初めての場合中々釣れてくれない・・・。釣れないのなら、ヤッパリ少々の学習が必要なのでは・・・?

そこにこの魚が教えてくれる、魚を釣る面白さとか、釣り方のエッセンスが隠されているとも言えるでしょう。

黒鯛は色々な魚を釣るための教科書的存在のお魚だった・・・?

というのもこの魚は、ガツンと食いつく時もあれば、モゾモゾ、ガシガシ、ボチボチ捕食することもあって、微妙なアタリとか、針掛かりをキャッチして、釣るという楽しみ方を教えてくれる魚だとも言えるからです。

この魚の場合、一般的に短い竿を駆使して釣る方法、長い竿を駆使して釣る方法に分けて考えると分かりやすい釣り魚なのかも知れません。

短い竿で狙う場合、落とし込みとかへチ釣りなどと言って、港・波止・堤防、筏などが主な釣り場になります。

長い竿で狙う場合は、港・波止・堤防、筏に加えて、磯で釣れると言うことになるでしょう。

ここでは長い竿で釣る黒鯛の釣り方をお話します。中でも最もオーソドックスな、フカセ釣りです。磯竿やチヌ竿を使います。

リールはスピニングリールでレバーブレーキがあれば、重宝します。

仕掛けはいたってシンプルで、道糸は1.5~3号程度、ハリスは1.5~3号程度のフロロカーボンにチヌ針。

そしてウキ。ウキには棒ウキと玉ウキがあって、微妙に釣り方・使い方の違いがあります。

簡単に言えば棒ウキは、ウキの挙動で獲物の状況を知る手立てになっていて、玉ウキはウキの挙動というより仕掛けを潮の流れにうまく乗せて、穂先や手元で獲物の挙動を察知するイメージになります。

棒ウキは視界に納めておくのが普通です。玉ウキは観えなくなってもかまいません。

ウキから先の仕掛けに大差はないのですが、釣り方には少々の違い・発想があるのです。

ウキ釣りのポイントは、竿先からウキにかけてのライン(道糸)の状態が大切になります。

それは、緩ませ過ぎず、引っ張り過ぎずという事になるでしょう。

潮の流れに合わせるという考え方です。この事はエギでアオリイカを狙うような場合も同じ発想になります。

なので、風に弱いという欠点もあると言えるでしょう。

長い竿で黒鯛を狙う時、撒き餌を施します。これは、黒鯛の集まるポイント作りという事になって、そのポイントに仕掛けを進入させて、釣るという発想です。

撒き餌には他にも使用する意味があるのですが、それは後述します。

撒き餌を施すというのは具体的には、撒き餌を作っておいてそれをバッカンケースに用意します。

それを杓を使って、海に投げてバラ撒く事を言います。

なので、フカセ釣りには、撒き餌を入れる撒き餌用のバッカン(ケース・バッグ)と撒き餌シャクが必要になります。

長い竿でのチヌ釣りは、ホボホボ立って釣りをします。片手に竿を持って、他方の手で撒き餌を施シャクを持つ状態があることになります。

仕掛けは竿を振って投げ下ろす様になりますので、周囲に注意を払ってポイントに落とし込まなければイケマセン。

馴れるまでには時間を要しますが、その日のうちに出来る様になるでしょう。


イカダ釣りの風景

 

立って行う作業なので、どうしても遠投できなかったら、振り子の原理で同じ場所にポチョンと落とし込めれば始めの頃は良いでしょう。

この動作の時、スピニングリールのベールは降ろされていて、リールは人差し指か中指で放出しない様に引っ掛けておかないといけません。

リールに巻かれている道糸をその様にして抑えておいて、仕掛が目標に飛ぶタイミングに合わせて指の引っ掛かりを解いて、竿を振って飛ばします。

砂浜での投げ釣りの要領です。投げ釣りでは30~100mという感覚なのでしょうが、チヌ釣の場合はそんなには飛ばせませんし、必要もありません。

大げさなフォームも必要はありません。

この釣りの場合、仕掛の投入前後に撒き餌を施します。最初の第一歩は撒き餌で集魚を期待します。

さらに何投か撒き餌をして、潮の流れ具合も確認して、仕掛けを投入します。

撒き餌を施したポイントに仕掛けが到達するまでに、あるいは竿を振る時、ポイントを通り越させて後、ベールを戻して道糸の弛みをリールを巻いて調整して、海中の針先をポイントの中に運びます。

そして再びベールを降ろして、道糸の出具合を確認しながら、放出される道糸に余分なストレスを与えることなく、自然のままに糸が弛まずこちらから引っ張る事の無いように、潮の流れに沿って仕掛けが、予め餌を撒いたポイントにあるのを確認します。

さらにその確認と同時に次の撒き餌を、行います。

馴れるまでには大変な作業に思えるかもしれませんが、馴れてしまえばこの作業が楽しくなってきます。

さて、幸運にも獲物が掛かれば、棒ウキは勢いよく沈み込み、玉ウキにも同じ状況になる事もあれば、道糸の流れを調整している指先にアタリが訪れます。

この時すかさずベールを戻して竿を立てます。すると、竿先が弧を描いて道糸はピンと真っ直ぐになります。ココから獲物とのファイトになります。

この綱引きに道糸とハリスの強度と相手の挙動に意識を集中して、チヌとのやりとりに気を払わないとイケマセン。

この時、魚との駆け引きに大きく貢献しくれるのが、ドラグの調整です。

予めこれ以上の負荷をかけると切れてしまうというテンションを確認しておいて、ドラグを調整しておきましょう。

あまりにギリギリと道糸が放出される様なら、ドラグを締めましょう。テクニックに自信があるのなら、初めからドラグを締めておく事もありますが、これは糸の強度との賭けになります。

とにかく黒鯛を浮かせる事が、第一関門になります。浮き上がったからといって素直ではないのが獲物です。十分な注意を払って、寄せに入ります。

次に、網で掬うのですがこれが一番、難しいかもしれません。片手に竿、もう一方にはタモ網を持たないとイケマセン。

釣れた獲物をタモ網で掬うコツは、獲物めがけてスルスルとタモの柄を延ばして行って、頭から取り込むのがベストでしょう。魚はバックできません。

この時の状態はタモを持った手を海側に、竿を持っている手は岸側になっていて、前方に半身の状態になっています。

片腕で、獲物をタモ網に掬う事ができたら、竿を両足に挟み込んでスピニングリールのベールを降ろします。

両手でタモの柄を縮めて、タモ網を手元に寄せます。

見事に獲物が手元に来れば、スピニングリールのベールをもどして、弛んだ糸を収納します。

片方に竿、もう一方に獲物の入ったタモの柄という釣れた時の自分を想像してみましょう。

さて、撒き餌の意味にはもう一つ大きな作戦があって、ジャミ(小さな小魚)の猛攻を避ける時にも使用します。

これらの様なゲストの多い釣り場ではハッキリ言って、この釣りの邪魔になります。

なので、撒き餌でそれらの邪魔者を他に寄せておいて、本命を狙うという釣りを強要されるケースがあります。

例えば磯釣りの場合、底付近に大きなメジナ(グレ)がウヨウヨ泳いでいて、その上に小さなメジナがそれ以上の数で泳いでいる・・・。

そんな状況が磯では、珍しい光景でもありません。そんな時に撒き餌で下の大物を狙ったりします。

釣りはその辺りの駆け引きも面白くて、状況の変化に対応して釣りを楽しむという場面の一つと言えるでしょう。

竿は概ね5.2mが基本的な長さで、それよりも短めの竿もあります。(上図は棒ウキを玉ウキにして、磯釣りでの黒鯛やメジナ対応の仕掛けになります)

スピニングリールは2000~3000番程度でしょう。

道糸とハリスは電車結びで、頻繁に交換する機会があるので、馴れる様にしましょう。

先ずは3~4回糸同士をネジって両方の糸の端部を延ばして、もう一度その上で3~4回ネジって先端側の糸ともう一方の糸を持って、上下にネジれた糸の輪っかを縮めていくイメージです。

 

 

ウキ止糸で棚の位置を設定します。

シモリ玉をウキの上下に通します。

ウキが必要以上に針先に行かない様にウキ止ストッパー(カラマン棒)をセットします。

フカセ釣りでは、オモリをハリスに挟み込んで調整します。俗称ガン玉・ジンタンオモリなどといって、小さなオモリで調整します。このオモリの取り付ける位置で、仕掛の微妙な調整を行うワケです。

ハリスは概ね2ヒロ(3m弱)までで、十分です。長すぎると取り込みの時に難しくなります。

 

フカセ釣り撒き餌用グッズ

 

 

このページで紹介しているフカセ釣りでは、エサはオキアミを例にしています。

ちなみに針に刺す刺し餌は撒き餌で使用するオキアミよりサイズが大き目で刺し餌専用をおススメします。

針に刺すオキアミは刺し方で釣果の差が生まれるモノです。途中で外れたり、エサだけ獲物に持って行かれない様にしないとイケマセン。

実際には確率の問題になりますが、チヌ釣りの競技者はその様な処にも留意して釣果を上げているそうです。

まぁ楽しみで日がな一日、海にでも行って黒鯛釣りでもやってみるか・・・の様な場合でも、釣れないより釣れる方がいいし、その辺りも知っているのといないとでは、一日の楽しみ方にも違いがある事でしょう。

オキアミの針に刺す一見どうでもいい処に釣れる・釣れないが、しばしば結果となって差が出たりします。

オキアミの刺し方は概ね共通(真鯛が釣れるオキアミの刺し方 参照)です。

撒き餌に使用するオキアミは1日に楽しめる量は3~5kgもあれば十分です。黒鯛はこれに粉を混ぜるのが普通です。

メーカーから色々な配合で一般的にはパン粉と呼ばれる集魚剤を配合します。

ソモソモ黒鯛の釣れるエリアの近くには釣りエサ店があるのが、郊外では結構見かけられてチヌ釣師はそこでエサを段取りして目的の釣り場へ移動するというのが定番の様です。

その様な釣りエサ店では、駐車場の近くに餌の練り場が施されていて、ソコで撒き餌を作ってバッカンに収納するというのが、一般的です。

磯釣りでも同様にその様な場所が設置されています。

もし、磯釣りデビューを二人で始めたいとお考えなのなら行ってみたい磯をチェックしてみて、出来る限り、渡船で渡してくれる様な磯で釣りをされることをおすすめします。

地磯は手軽に感じられるかもしれません。けれども通い慣れた人がいないと危険性が高まります。事故も結構起こったりしているのが地磯です。

渡船で渡してくれる磯は、船長がシッカリ管理しているので事故は少ないと言えます。初心者なら比較的釣り易い磯に上げてくれたりします。

 

チヌ釣り 道具・持ち物

タックル・グッズ

1. チヌ竿・磯竿
2. スピニングリール
3. タモ網・タモの柄
4. 撒き餌杓・餌混ぜ杓
5. バッカン
6. ハリス・針・ウキ(付随品:シモリ球 カラマン棒 ウキ止め糸 etc.)・オモリ(ガン玉・仁丹)
7. 餌・撒き餌
8. クーラーボックス・スカリ(びく)
9. ラインカッター・ラジオペンチ・針はずし・ハサミ・etc.
10. タオル・軍手・etc.

服装

1. フローティングベスト
2. 磯:磯靴
3. 帽子
4. サングラス

磯などへの釣り行きの場合、ビトン(チャラン棒)とかも必需品になるかもしれません。ビトンを施す時、鉛クサビや金づちも必要になります。

     

検索してみよう ネットショップ

先ずは、検索船竿、リール。

仕掛けや小物、グッズに至るまで。

  • 船竿
  • リール
  • 仕掛け
  • 防寒着
  • GORE-TEX
  • フィッシングウェア
船竿 / リール / 仕掛け / 防寒着 / GORE-TEX / フィッシングウェア / フィッシングブーツ
ページトップへ