港・海釣り公園デビューでアジ狙い(番外編)

ここではショアフィッシング、港や海釣り公園などで楽しむ釣りのお話をします。

最も手ごろな海釣りは、近くの港や波止で釣れる豆アジが楽しめます。この釣りなら子供でも楽しめて、たくさん釣れたら持ち帰って美味しく頂けます。

豆アジの南蛮漬けを味わったら、子どもも大人もヤミツキになるかもしれません。

揃える道具も最小限で竿とリールとクーラーボックスと少々の小道具で十分です。早朝から出かけなくても楽しめるし、冬比較的暖かい地域なら、ほぼほぼ季節を通して楽しめます。

どこの港や波止でも釣れるというワケではなくて、禁止されているところもあるので、事前に調べる事が出来れば幸いです。

最も手っ取り早いのは、ホームページなどを検索すると案外、記事になったりしています。

海釣り公園ならホームページはある事が多いので、無料なのか入場料はいくらか、駐車場の有無とか釣り具とかエサ売り場の有無とかも予め、調べておいて自宅からは、タックルとクーラーボックスに氷とか飲み物やお菓子などを詰め込んで、バケツなどの小道具も積んで気楽に楽しめるレジャーです。

早速用意したいタックルと備品をまとめると・・・。

  1. 竿:特に長さは自由でしょう。釣り場の状況に合わせて釣り易い長さが判っていればいいかも知れません。
  2. リール:スピニングリールが扱いやすいでしょう。ベイトリールでも結構です。
  3. 水汲みバケツ:釣れた豆アジを一時ストックする時にあれば、便利です。
  4. エサにアミエビを使用するので、袋のままでも良いのですが、小さな入れ物があれば便利です。
  5. クーラーボックス:予め大き目のペットボトルで凍らせておいて氷を入れておけば十分。

竿は何でも構わないのですが、扱いやすい竿は1~3m程度が良いかもしれません。スピニングリールタイプの竿が使いやすいでしょう。

リールもシマノ仕様で1000番クラス、ダイワも同様のサイズで十分です。ナイロン製の道糸2号程度を100mも巻いておけば十分です。

釣り方はカゴ・サビキ仕掛け。小さなカゴにアミエビを詰め込んで釣るシンプルな釣りで、数本の針が枝状に取り付けられていて、ソコには餌をつける必要はなく、アジのいる棚に合わせるのがたくさん釣る方法、秘訣になります。

ちなみに夜明け前の釣りなら、メバルが釣れる可能性が高くなります。昔はシラサエビを刺して豆アジ釣と同じ様な仕掛で釣っていましたが、メバル専用のサビキ仕掛けでエサを使用しなくても釣れるスタイルも、あります。

アジもメバルも釣果が上がらない時は、小さな天秤仕掛けで針を1~2本程度のカレイやキスの釣れる仕掛けに変えて、底が砂地ならカレイやキス狙いとか、岩場ならカサゴやソイなどが狙えるかもしれません。

処によってはアイナメも釣れたり・・・。季節にもよるかもしれませんが、イイダコなんかのゲストも釣れたりして子どもが楽しめる気楽な釣りが楽しめます。

その様な場合の仕掛けは、下記の図のようになります。針には餌を刺して、サビキカゴはオモリに替えても釣れます。

餌には、オキアミや青イソメがスタンダードですが、マムシとか、シラサエビなども好んで使われたりします。

漁場によって、好く釣れる餌もあったりして、港々で通い慣れると結構面白い、その地その地の釣り方があって、釣りの奥深さを感じさせられたリもします。

さて、釣れた豆アジは素手で針から取り外して、もし初めてで不安なら軍手でもはめていれば簡単に外れます。

それを予め用意していた水汲みバケツにでも入れておきます。あるいはクーラーボックスに直接放り込んでもいいでしょう。

もちろんクーラーボックスには予め氷を詰め込んでおきます。出来るなら豆アジはビニール袋にでも入れて直接氷に触れさせない方が、良いでしょう。

大きな魚なら活締めが後味に影響しますが、豆アジなら帰って処理を施せば、味覚に変化は感じません。火を通すので美味しくいただけます。

釣れる時には結構釣れる豆アジ。これを持ち帰ったらエラと内臓を指でしごいて取り除きます

布巾・ペーパータオルなどで余分な水分を取り除いたら、片栗粉にまぶして衣を絡ませます。取り除いたエラや内臓部分にシッカリ、まぶせることが出来れば結構です。

後は普段の唐揚げ通り揚げて出来上がり!頭から尾っぽまで美味しくいただけます。

豆アジ釣りではウリ坊(イサキの幼魚)も一緒に釣れたりします。これも豆アジ同様の下処理で美味しくいただけます。

ウロコもそのまま豆アジと一緒に揚げて、美味しくいただけます。

三杯酢は大きさにもよりますが、豆アジ40~50匹程度で、お酢が250~300cc、砂糖250~300g位を目安にして、みりんや酒、調味料類で味を調えます。

三杯酢は一煮立ちさせて冷やしておいて、その中に玉ねぎやニンジンの千切りを添えて馴染ませておいて、その中に揚げたての豆アジを投入します。

これで、美味しい豆アジの三杯酢和えの出来上がり。美味しく仕上げるコツは豆アジをシッカリ揚げるのがポイントになります。

     

検索してみよう ネットショップ

先ずは、検索船竿、リール。

仕掛けや小物、グッズに至るまで。

  • 船竿
  • リール
  • 仕掛け
  • 防寒着
  • GORE-TEX
  • フィッシングウェア
船竿 / リール / 仕掛け / 防寒着 / GORE-TEX / フィッシングウェア / フィッシングブーツ
ページトップへ