メジナ(グレ) 磯釣り 上物 人気もの(番外編)

メジナ(グレ)は、黒鯛同様近郊の海でも見かけられる魚です。

けれども、釣りの対象になるくらい大きなメジナは、暖かい海に限られてきます。この魚は主に、磯で釣れる魚として釣り人の間ではホボホボ認識されていると言えるでしょう。

メジナ(グレ)を釣りに磯に赴くというスタイルです。磯では、イシダイとかアオリイカとかあるいは、ヒラスズキなどの色々な魚を求めて、アングラーが訪れる釣り場になっています。

そこに渡してくれる渡船もあって、地磯で釣るよりも安全に磯釣りを楽しめます。地元のおじちゃんやおばちゃんが、船に乗って釣りに行くという光景も結構見かけました。

街中の磯釣りアングラーとは対照的な服装で、ジモピーの皆様はメジナを釣るというよりも、カワハギとかカサゴとかを釣ったりとかされている様でした。

磯釣りと言えば、波止釣りとか海釣り公園での釣りよりもどことなく抵抗感のある雰囲気がしたりしますが、上述のようなケースもあったりして、魚影も比較的濃いと言えます。

それでもヤッパリ、通い詰めて磯の傾向を知る事が釣果に繋がってきて、知っている人とそうでない人では差が出るモノです。

この魚種の特徴は、釣れた時ダイブするのが特徴で、長い竿をギューギュウとしならせてくれて、釣り人の心を刺激してくれます。縦に横に縦横無尽に暴れ回って、磯際は釣糸には糸切れを起こしてしまう危険なところもあって、スリル満点な釣りになります。

磯に上がれば、360度海原が伺える様なところもあって、まさに自然の中での釣りになってそれが一層、磯釣りの面白さを提供してくれます。

この魚を釣る事は、イキナリ磯デビューなら既知の方との同行が最もベストですが、初心者同士の二人同行な場合なら、少なくともどちらか一人が、黒鯛(チヌ)のフカセ釣りに精通していれば、何とかなるかもしれません。

近郊の漁港などでチヌ釣をある程度マスターして、磯にチャレンジするスタイルもアリでしょう。

ただし二人とも磯デビューなら、渡船で渡してくれるタイプにしましょう。地磯はあまりにも危険要素が多いからです。

渡船屋さんならホームページで公開されている処もありますから、先ずはそこから事前の調査が賢い選択、近道になるでしょう。

渡船屋さんに到着したら、常連さんがおられる事がほとんどで、会話できる機会があれば色々と情報を収集するのもアリです。

始めの内は緊張するかもしれませんが、おしなべてアングラーはギスギスした方は希なモノです。逆にウンチクを語りたい方の方が多いモノなので、結構有効な手段になるでしょう。

渡船前は緊張するかもしれませんが、釣りを終えて渡船屋さんで帰路に就く前のしばしの間では、結構うち解けて饒舌な会話があったりするものです。

磯釣りには色々な楽しみが隠されているとも言えます。

上図の様なシンプルな仕掛でメジナ(グレ)を狙います。フカセ釣りなので黒鯛の記事で説明した撒き餌が必要です。

磯では棒ウキより玉ウキの方が重宝するケースが多いでしょう。というのも、波の影響を積極的に利用できるウキだから。

玉ウキは海水面ぎりぎりで海面下にあるのがオーソドックスなポジションです。頭が海面に見え隠れするようでしたらオモリを加えて調整しましょう。

玉ウキはあえて沈ませて釣る方法もありますが、ここでは割愛させて頂きます。

ほど良い浮力で波にうまく乗ってユラユラしている状態から、メジナ(グレ)がかかったら勢い良く海中に沈んでいきます。

そしたら、スピニングリールのベールをもどして、竿を立て気味にして、ファイトが始まります。獲物はダイブします。強烈に仕掛けが沈み込むでしょう。

それに耐えて、リールが巻ける時期を見計らいながら、泳ぎ回る獲物の主導権を徐々に奪って、取り込みやすい様に制空権を確保していきます。

獲物が大きければ大きいほど、その作業は困難になります。始めの内は両手で対応しないとシンドイかもしれません。そのやり取りが至高のひと時になります。

ドラグ調整はラインが切れないギリギリに調整出来ればベストでしょうが、中々難しいかもしれないので始めの内はギリギリと道糸が放出されるくらいが良いでしょう。

頃合いを見計らって、締めこんでいけばベターです。その様な状況になる事を予め予想しておいて、メジナ(グレ)とのファイトに臨めれば良いのですが、初めてならきっとビックリしてしまって、その対応に右往左往されると思います。

好い磯竿ほど良くしなって、獲物の遊泳に追従してくれます。一瞬、折れそうな気分にもなりますが、無理な力をかけない限りは中々折れる事はありません。

竿は海面に対してほど良い角度で獲物とのファイトをする事が大切になります。あまり自分よりに竿先を上げて、動画や画像の様に耐えていると、ポッキンと竿先が折れたりすることがあります。魚が海面に浮いて寄せられる状況になるまでは、穂先を高い位置に持って行かない方が無難です。

魚が浮いて手前に寄せられる状態になったら、獲物を確保するタモ網を用意します。始めの内は一人で掬い上げるのは難しいモノです。なので、磯デビューは二人同行が、望ましいでしょう。

磯に上がるときには(ビトン)チャラン棒を用意するのが望ましい場合があります。これにタックルや道具を引っ掛けたり、ロープで結んでおいて波にさらわれない様にします。

大きな磯なら大丈夫かもしれませんが、波が被る様な場所では必須アイテムになります。

タモ網は掬い上げる時の事を考慮して、なるべく近いところにセットできれば幸いです。


ヒブダイ

 

ラインカッターの名人(ゲスト魚)ヒブダイ。

磯では色々なゲストが登場して、かなり面白い釣りを楽しませてくれます。


ヒラスズキ

 

磯のルアーフィッシングのターゲット、ヒラスズキ。白波が浮いて比較的波の荒い時、あえて好ましくない小魚が掛かればそのまま近くの白波の中へ仕掛けをチャポン・・・。

ヒラスズキがエキサイティングに反応してくれる事があります。

このサイズでも磯竿1.2号、道糸3号、ハリス3号で十分に対応できます。

 

磯釣り(上物) 道具・持ち物

チヌ(黒鯛)のフカセ釣りとホボホボ同じです。

タックル・グッズ

1. 磯竿
2. スピニングリール
3. タモ網・タモの柄
4. 撒き餌杓・餌混ぜ杓
5. バッカン
6. ハリス・針・ウキ(付随品:シモリ球 カラマン棒 ウキ止め糸 etc.)・オモリ(ガン玉・仁丹)
7. 餌・撒き餌
8. クーラーボックス・スカリ(びく)
9. ラインカッター・ラジオペンチ・針はずし・ハサミ・etc.
10. タオル・軍手・etc.

服装

1. フローティングベスト
2. 磯:磯靴
3. 帽子
4. サングラス

     

検索してみよう ネットショップ

先ずは、検索船竿、リール。

仕掛けや小物、グッズに至るまで。

  • 船竿
  • リール
  • 仕掛け
  • 防寒着
  • GORE-TEX
  • フィッシングウェア
船竿 / リール / 仕掛け / 防寒着 / GORE-TEX / フィッシングウェア / フィッシングブーツ
ページトップへ