真鯛 (タイラバ・サビキ釣り)

 

鯛ラバ

マダイは色々な釣り方で楽しめる魚です。

特に大モノをターゲットにするのなら、活き餌(アジやサバ子等の小魚)とか疑似餌が効果的な場合があります。

フカセ釣りの様な集魚して釣るのではなくて、ポイントに赴いてど真ん中で釣るイメージです。

オキアミを使用しないので、臭いの心配がなく、仕掛もライトなので身軽に楽しめます。

疑似餌系のこれらの釣りは、スピニングリールや手巻き両軸リールを駆使します。

ロッドも手持ちのままなので、軽量で扱いやすいモノが最適です。

タイラバの場合、ジギング同様PEとフロロカーボンの結束には一般的にFGノットで挑みます。

ゲーム性の高いルアー、ジギング等の釣りでは、ノットの事を覚えておけば便利です。

参考までにシーガーの"強いノットはこれだ"を参考にすればよいでしょう。

鯛ラバゲームの場合、現地でシステム(ライン)を巻き込む作業はまず、しません。

リールもセットしておいて、数本のロッドを持ち込んで勝負します。

鯛ラバの場合、カラフルな仕掛けを専用のケースにストックして、その日のラッキーカラーを探りながら獲物を狙います。

 

タイラバはヘッド(オモリ)、スカート、ネクタイの三つのパーツが組み立てられた仕掛けになります。

タイラバやサビキ仕掛けの場合、着底即、巻き上げて海底のトラブルから避けるようにします。特にタイラバの場合フックがボトムにあるので、引っかからない様に注意しないとイケマセン。

若干浮かせたら後はユックリと低速で上げていきます。それもなるべく一定のスピードで上げるようにします。

タナを超えたら再び着底させます。この繰り返しです。

そんな単純な作業で釣れるのか・・・?

釣れるのです。等速で仕掛けを揚げ降ろししていると、仕掛けのスカ-トやネクタイと呼ばれるひらひらがマダイを刺激して、かじりに訪れます。

この時、仕掛けを止めたり、アワセてはいけません。淡々と巻き上げて行くワケです。

この時のイメージは、ひらひらに触発されて獲物は、ヘッド(オモリ)めがけてどんどん近寄って来る感じです。

手元にはその感触が伝わって来て、慣れないうちはツイツイアワセてしまいます。

マダイがいきなり丸呑みしようとしているのなら、そこでフッキング出来るでしょうが、ネクタイ部分やスカートをかじっている時は針掛かりしません。

なので、シッカリ竿が海中を指し示すまでは、等速で巻いて行きます。

これはサビキ釣りも同様です。

しっかりした重みを確認できれば、その時にアワセましょう。

おススメ鯛ラバロッド

おススメ鯛ラバ両軸リール

PEとショックリーダーの結束はFGノットが一般的ですが、ボビンを使用すれば綺麗に早く仕上がります。

ここではボビンを紹介します。

 

シマノ(SHIMANO) ボビンワインダー ライトタイプ 75mm レッド TH-201M

シマノ(SHIMANO) TH-202N ボビンワインダー ヘビータイプ BLACK GOLD 41335

このグッズの使用方法はコチラ

サビキ仕掛けと加太の高仕掛け

瀬戸内海でのマダイサビキ仕掛けも基本、鯛ラバと同じようにして獲物を狙います。

この釣り方では、仕掛けを投げたりはしません。釣り方はホボホボ同じで、決してアワセたりもしません。

まれに獲物がカブリつく事がありますが、その様なケース以外では、アワセません。

仕掛けを投入して着底したら即、オモリを浮かせて海底でのトラブルから避けるようにします。

ゆっくりと等速で巻き上げて、タナを外れたら再び落とし込んで同じ作業を行います。

 

次に、加太の高仕掛け釣りの件です。

下図のような仕掛けとビニール片が船長から支給され、これを針に刺してサビキ釣りと同じ様にして釣ります。

概ね2種類のビニール片が支給され、折々で刺し替えて行きます。ビニールの頂点の真ん中にチョンと釣り針を刺します。

マダイの咬み跡が残れば、刺し替えます。始めの内はこのビニール片を刺すのが中々うまい具合にはいきません。

なので、硬いスポンジを下敷きにでもしてその上で、刺したりしても良いでしょう。

 

 

 
 

船長から支給される高仕掛け

 

高仕掛けでは上図の仕掛けをポイントに到着してから、オモリから海中に落としていきます。

針のついたエダスを外したらその都度、その針にビニール片を刺していきます。

最後にPEとスナップサルカンを介して、タックルと連結します。海中に仕掛けが投入されているので、ウッカリ落とさない様に注意しましょう。

仕掛けを底まで落として、すぐに巻き上げにかかります。さらにゆっくりと等速で巻いて行きます。

その内に手元に、獲物がガシガシビニール片をかじる挙動が伝わってきます。ここで、決してアワセるような事をせず、仕掛けを止めてもいけません。

まるで、何事もなかったようにただただ、淡々と巻いて行きます。

獲物が掛かれば、この長いハリスを手でたぐり寄せます。

この時、足元にハリスを絡まない様に注意して収納します。針は6~7本セットされているのが一般的です。

獲物を水槽などに一時保管して、ビニール片を刺し直します。

この時に、上手くさばかないとたちまちもつれてしまうので、注意が必要です。

船べりにはマグネットシートが張り付けてありますので、上手に順番に針をセットしましょう。

ロッドは原則手持ちで勝負します。

この釣りではロッドの長さは2.5m前後が扱いやすいでしょう。

夏にカタクチイワシが訪れると、この仕掛けでそれを釣って、海底にそのまま落とし込みます。

いわゆる落とし込み釣りです。ベイトで釣れるマダイは大物が期待できて、ハリスが4号なので、かなりスリリングなファイトになります。

 

おススメロッド
おススメ両軸リール

 

 
 
     

検索してみよう ネットショップ

先ずは、検索船竿、リール。

仕掛けや小物、グッズに至るまで。

  • 船竿
  • リール
  • 仕掛け
  • 防寒着
  • GORE-TEX
  • フィッシングウェア
船竿 / リール / 仕掛け / 防寒着 / GORE-TEX / フィッシングウェア / フィッシングブーツ
ページトップへ