タチウオ

夏ごろから年末過ぎるころまで、タチウオ釣りは人気の船釣りです。

オカッパリからでも、楽しむアングラーも一杯。船ならサイズアップ!

ドラゴンサイズなら、結構なヒキでゲーム性も堪能できる船釣りです。

幅、指5本。がドラゴンの一つの印・・・?

 

 

タチウオはデカけりゃデカいほど美味い)^o^(

釣れる時には一杯釣れるし、坊主も稀な船釣りアングラーには、釣れる確率の高い獲物です。

 

 

関西ではタチウオテンヤという仕掛けでするのが、ポピュラーです。独特の仕掛けで、塩漬けのイワシを針金で巻き付けて釣ります。

 

 

仕掛けはこのテンヤだけ。リールは電動でも手巻きでも楽しめるので、守備範囲の広い船釣りでしょう。電動リールも中小物用でライトな感覚で十分。

PE2~3号を200m程度でも巻いておけばいいでしょう。ただし、鋭い歯で高切れも心配なので、長めに巻いておくのが良いかもしれません。

 

 

仕掛をポイントの深さにまで落として、十分しゃくってからしばらく待ってみて、反応がなければユックリと上げてみて、2~3回シャクって数秒まって、反応がなければ、またその繰り返し。

棚を過ぎてしまえば、クラッチを切ってまたポイントまで落とします。

食いが渋い時には、一度仕掛けを上げてみて様子をみて、何もなかったらまたポイントへ仕掛けを落とします。

獲物が食いつけば、ググイッと竿先を曲げたり、ツツツンと躊躇するような感覚が伝わってきます。その時がチャンス。タチウオは貪欲な獲物なので、ネチネチとその辺りを探ります。

ドスンと竿先が海底を指し示せば、竿を頭上に上げて針掛かりを試みます。シッカリフッキングに成功したら、いなしたりかわしたりして、リールが巻ける時にゴリゴリ巻いて行きます。

太刀魚は喰い上げる時もあって、不意に竿先の曲がりが消えて、何かに引っかかった様な状態になったりします。それはタチウオがイワシを咥えて上昇しているのかもしれません。

その様な場合は素早く道糸の弛みを取り除いて、大きく合わせます。道糸が弛んだら巻き上げるのが鉄則です。

太刀魚がかかれば、竿先に仕掛が触れない手前で、巻き上げを止めて、後はタモ網ですくうか、そのまま釣り上げてしまって船内に取り込みます。

歯が鋭いので、口元には気を付けましょう。首と胴体を持って、サバ折の様に首を曲げて締めるのも良いでしょう。タチウオばさみで挟んで、クーラーボックスに取り敢えず、収納するのも結構です。

エラにハサミなどで切って血抜きします。海水に浸して冷やせれば幸いです。

 

 

   
トップにもどる 初めての釣り 船竿 リール 持ち物 本命とゲスト
魚の締め方 真鯛 メバル タチウオ ヒラメ・キジハタ イサキ・アジ
魚料理        

 

 

検索してみよう ネットショップ

先ずは、検索船竿、リール。

仕掛けや小物、グッズに至るまで。

  • 船竿
  • リール
  • 仕掛け
  • 防寒着
  • GORE-TEX
  • フィッシングウェア
船竿 / リール / 仕掛け / 防寒着 / GORE-TEX / フィッシングウェア / フィッシングブーツ
ページトップへ