船に乗って美味しい魚を釣ってみよう。

 

船に乗って、初めてのサカナ釣り。1匹の獲物がかかったら、思っていたより興奮してしまって、ツイツイ笑みがこぼれて、誰に話しかけるでもなく、一言小さく何かを独り言の様に叫んでしまったり・・・(^_^)v

 

天気良好で爽やかな風を受けて、波の音しか聞こえない船に揺られて、いつもとは違う風景の中で、天然の魚を釣る面白さと、帰宅後のお楽しみ、釣れた魚の美味しさを体感してみたいとお考えなら、このサイトならお役に立てるかもしれません。

 

自然の真っただ中で、そんな船釣りでは時に、思いもかけないハプニングにも出会ったり・・・。

 

野鳥との遭遇、波間をイルカの群れが泳ぎ去っていったり・・・。

 

間近に見える魚の群れにちょっと感動とか・・・。

 

何より、ショッピングでは出会えない魚が釣れたりして、船長に聞いてみれば、「オ~珍しい、それはうまい魚だよ」刺身がうまいとか、おいしい出汁がでる鍋にいいとか、知らなかった魚を釣って味わって、ビックリな美食の経験とか・・・。

 

 

けれども、船釣りって行ってみたいと思うけれどけっこう、何となく面倒くさそうで、船に乗るまでの段取りとか、先に色々と知っておかなければ、中々楽しめないレジャーなんじゃないの・・・?

 

それはまるで、食べず嫌いと一緒な感覚で、ついつい二の足を踏んでしまうかもしれません。

 

よほどの釣り好きじゃないと楽しめない、あるいは先人・先輩と一緒に船に乗ってデビューしないと中々釣れない・・・などとも、考えたりするかもしれません。

 

実は、思っていたより案外簡単・手軽に楽しめたりするのが、船釣りなのでした。

 

たとえば、思い立ったらホームページで湯漁船を検索してみて、電話で予約して、クルマに必要な道具を積んで現地まで走って、船の出る港で着替えて、クーラーボックスとバッカンとタックルを取り出して、船に乗り込めば良いだけの話なのが、判って頂けるかと思います。

 

けれども釣れる釣れないは、その時の運。とは言え初めてでも意外にたくさん釣れてしまったり・・・。

 

狙う魚によっては、そんなこともお約束の様に経験できることもあります。

 

というのも魚は群れて海の中を泳ぎ回っていたりするから、大きな群れに出会ったら、カツオの一本釣りの様に忙しくなるかもしれません。

 

 

いつもとは違うロケーション、陸を離れた沖の海上で、思いもかけないハプニングに出会えるかもしれないのも船釣りの楽しみの一つ。

 

という事でこのサイトでは、初めての船釣りを楽しむには何をどうすればよいのか?・・・について説明していきます。

 

思い立ったら、何をどうすれば初めて・初心者でも美味しい魚が釣れるのか・楽しめるのか、の件についてのお話しです。

 

イキナリだけれども最も簡単な場合、遊漁船に予約を申し込んで、自宅からはクーラーボックス一つクルマに積み込んで、後は服装だけ注意すれば楽しめる船釣りだってあります。

 

それはまるで旅行や仕事の出張の時、ホテルに予約でも入れる様に、釣りに関するほとんど何もかもを遊漁船で段取りしてくれて、持って行くモノはクーラーボックスだけというような・・・。

 

そんな船釣りを楽しませてくれるケースもあったりします。

 

でも一般的には、遊漁船のホームページをのぞいてみて、頃合いを見計らって電話で詳細を聞いてみて、日程とかプランを立てて、初めての船釣りを楽しみに待てばよいという事になります。

 

ただ、船釣りの楽しさを知った釣り人は結局、愛用のタックルとか道具を逐次揃えて行って楽しむ様になるので、初めての時は手ブラでも、ハマってしまえば釣果にもこだわったり、色々な楽しみ方も判って来たりして、船釣りするたびにグッズも揃え出して行く事になったりします。

 

 

もしはじめの一歩が豊漁に恵まれれば、案外ハマるケースが高いかもしれません。

 

というのも釣れた獲物が、普段のお買い物の魚以上に、美味しい事を経験する事になるし、そもそも魚好きなら、船釣りが最良のレジャーになる可能性が、一層高くなるかもしれません。

 

逆にお初の船釣りで、中々手に負えなかったら、逆にリベンジかソモソモ、魚を釣ってみたい思いがあるのなら、機を見てもう一度チャレンジしたい気持ちになるかもしれません・・・。

 

このサイトを一回り見てもらえれば、ボウズを避けられる可能性がかなり高まる事でしょう。

 

初めてでも釣れるように、キモをシッカリ押さえておきました。

 

なのでその気になったら、釣れるイメージで早目に就寝して、船釣りに挑みましょう。

 

余計なお世話なのかもしれませんが、一通りの失敗も経験して色々とコツも体感して、釣れた魚で美味しい思いもしたし、釣りも楽しませて貰ったから、このサイトを訪れたあなたには、船釣りのアレコレを初めてでも、是非大漁を体験してみて欲しいワケです。

 

行く先々の船長には、色々と釣り方を教えて貰ったし、始めの頃は常連さんにもお世話になりました。

 

おかげ様で楽しくて美味しい思いをさせてもらったし、魚もさばける様になってという事で、おせっかいな船釣りの面白さを発信しています。

 

さて、実際に初めて釣り船におもむいてみれば、初心者には遊漁船の船長や常連客の皆様の中には親切な人もいたりして、こちらから進んで挨拶して、事の次第を世間話でもする様に会話でもすれば大概の場合、色々と教えてくれたりするモノです。

 

早朝間もないまだまだ暗い漁港で、いかにもこれから船に乗って釣りするゾ的な、オジサン連中が遊漁船待ちでタムロしていて、独特な雰囲気をかもしだしている絵を想像してしまいそうです。

 

その道のプロ的な皆様のシルエットには初めてなら、何か場違いな所へ来てしまった感を感じたりするかもしれません。

 

マァ初めてというモノはそんな感覚になってしまうかもしれないでしょう。

 

けれども、実際は、例えば真夜中の挨拶をして見て、世間話でその船の釣り方の情報を聞き出してみたりして、船上でのご迷惑を掛けるかもしれない初心者である旨を正直に話してしまえば、多少なりとも気楽になれるモノです。

 

 

しかも、常連さんほど気さくに話しかけられれば、色々と教えたくなるのが、一般的です。

 

そも常連客はたまの息抜きに釣りに来ているワケだし、船長も客に釣らせてナンボのアキナイなので、初心者は無下にはされない事がほとんどです。

 

初心者が最もボウズの危険性があるし、船長も腕の見せ所だし、初心者には是非とも釣らせたいという思いもあります。

 

なので、シッカリ初心者を名乗って、初の船釣りではシッカリ獲物をゲットしておきたいところです。

 

逆に言えば、初心者程釣果が、望めるかもしれません。

 

船長は、初心者に目を配ってくれるし、時に口やかましいほどの手ほどきをしてくれたりもするからです。

 

概ね船長は海の男だから中には、ブッキラボウな会話になるかもしれませんが、釣らせないとイケナイという義務感もあって、トニカク1匹は釣らせる気構えのタイプの船長は、少なくはないでしょう。

 

先程も触れた様に常連さんの中には、初心者の釣れない状況を見れば、自分が釣れていたら必ず、レクチャーを伺える機会がある事でしょう。

 

事前に挨拶しておいて率先してレクチャーを受けられる気概があれば、お初早々にも釣果は期待できます。

 

船釣りは乗船してしまえば、そんなに難しいレジャーではない事が、船上でだんだんと判って来ます。

 

中には個性的な常連さんもいるでしょうが、5~6時間同舟の間、お互いに気兼ねなく、船釣りを楽しみたいのが人情です。

 

 

ゴルフと同じ紳士淑女のタシナミで、日頃無口なタイプでも皆、楽しみして船に乗っていると思えば、気も楽になります。

 

中にはビールや酒を詰め込んで、釣りは二の次の様な常連さんだって、珍しくはありません・・・。

 

簡単に言ってしまえば船釣りは、船長の合図に従って仕掛けを海中へ、リールのクラッチを切って魚のいる棚まで落とし込んでいきます・・・。

 

ハンドルを1回転も巻けば、クラッチがカチッと上がって仕掛けが止まり、釣りが始まります。

 

魚がかかれば竿先がツンツン反応したり、イキナリドスンと大きく竿を曲げたり・・・。

 

間髪入れずにシッカリ合わせてやったり、口元の弱いアジやメバルなら優しく合わせてやって・・・?

 

獲物をリールで巻き上げて、タモ網で掬って持って帰る。

 

リールが電動だったら、スイッチオンで楽々釣り上げてくれるし、手巻きだったらそこからが、魚の姿が見えるまでタックルでファイト開始のゲームを楽しむという感覚です。

 

獲物が大きいと、巻いても巻いても糸がリールからジリジリ出されて行って、中々浮いてこないかもしれません。

 

リールの道糸がドンドン海中に持って行かれたりする事もあります・・・・。

 

かと言って慌ててドラグを締めて糸の出を止めると、下手をしたら糸が切れたり・・・。

 

なので、獲物とのファイトにちょうど良い綱引きが出来る様に、 糸の出具合を調節しないとうまい具合には上がって来ない・・・。

 

釣り揚げるまでは、スリルと興奮と期待感がこみあげてきて、正しくワクワク、ドキドキ・・・。

 

タックルを手持ちでのやり取りなら、魚の挙動を竿サバキで上手くかわして、海面までスリリングな獲物とのやり取りは思いのほか、エキサイティングでメチャクチャワクワクして面白いモノです。

 

船に揺られて今日はボウズか・・・?という時に、不意に訪れる魚とのやり取りは、目覚まし時計以上の覚醒を強いられて、イキナリの緊張感。大物が釣れる時とはそんなもの・・・。

 

その一瞬はまるで思わず、子どもの頃に味わった射幸心や、遊びに没頭した頃の明日が、待ち遠しいほどのワクワク感が甦った感じ。

 

そうなると船上は、お天道様と潮風と波の揺れとかが心地よい、上手くいけば美味い魚にめぐり合える格好の遊び場になっている事でしょう。

 

狙う獲物は、真鯛やヒラメの様な高級魚から、アジやサバの普段、食卓でお世話になっている魚まで、色々な海の魚が楽しませてくれます。

 

船釣りで釣れた魚は、そのほとんどが、天然物。


つまり、その魚本来の味を味わえるのが、船釣りの醍醐味の一つと言えます。

 

しかも最善の鮮度で、美味しく魚を食べられる究極の魚料理が、自宅で味わえるワケです。

 

その辺りの鮮度保持お持ち帰りの件も記しています。


干物だって自家製なら一層美味しい干物が、味わえます。


イカの塩辛やカツオの酒盗も、釣って作ったら断然、美味い。

 

魚釣りの多少のコツと、調理方法さへ身に付ければ、ヘルシーで美味しい本物の天然魚が、自宅で味わえる。

 

ちなみに、養殖の魚も天然物も釣ってきたから、どちらが美味いのかは判っています。

 

そうなったら、スーパーや魚屋さんの魚では、満足できなくなってしまったり・・・?ヤッパリ、魚は鮮度と熟成の微妙なサジ加減。

 

それこそ自分で釣ってきたら、一番バッチリで確実なので、釣り人それぞれの美味しいタイミングも逃さない。

 

天然で保存処理も万全な鮮魚の美味しさは、とても口では説明できない程、流通で手に入れた魚とは味が違う事を、実感できます。

 

船釣りを楽しんで、魚のさばき方も覚えて、三枚におろせるまでを身に付ければ、あとは奥様の手料理で、 頭の先から尾っぽまで調理して頂くとか・・・?

 

穏やかで日和の良い静かな船釣りなら、子どもたちと一緒にレジャー気分でとかも・・・?

 

大海原の船上で、非日常のリラックス。海が好きな人なら沖へ出向いて海上の風の中で是非味わっていただきたい船釣りの醍醐味。

 

初めての船釣りを楽しんでみてはいかがでしょう。

 

 

         

船釣り場|漁港 遊漁船

船釣りを楽しむには、概ね車で出かけるパターンが主になるでしょう。

 

それ以外の交通手段で船釣りを楽しむのであれば、1泊2日の釣り行きになる事がしばしばあります。

 

その様な場合、遊漁船で無料で就寝できる施設を提供してくれるところもあります。

 

例えば、昔の母屋を提供していたりとか・・・。

 

簡単なプレハブでとか・・・。

 

地方の遊漁船を経営をされている場合その様なところが多い様です。

 

そこでは簡単な就寝施設(布団類)が用意されていたり。TVとか空調まで調えてくれたりとかもあったりします。

 

おおむね無料で提供されていたりして、酒と肴を持ち込んで一泊して船釣りを楽しむアングラーも珍しくありません。

 

あるいは、大きな遊漁船漁港などでは、民宿の様な宿泊施設などもあります。

 

以上の様な船釣りの場合は、クーラーボックスやタックルボックスをコンパクトにまとめて、キャリーカートで持ち運びできる様にしておけば 便利でしょう。

 

船釣りを楽しませてくれる船は、漁港に停泊されています。

 

その港は漁業を営んでいる漁船と一緒な場合が多く、駐車施設も用意されています。

 

その駐車施設は有料の場合もあります。無料の場合もあります。そのほとんどは青空駐車場だと思っておいた方がいいでしょう。

 

船釣り入門|竿・リール・持ち物・服装・靴

さて、船釣り楽しむためには竿とリールが必要です。

 

(遊漁船では、貸し竿やリールを用意してくれるところもあります。)

 

それらに加え、お持ち帰り用のクーラーボックスとか仕掛け・小道具などを収納するタックルボックスも必需品です。

 

船釣りの船に乗船する時には、竿リール・クーラーボックス・タックルボックスの4点セットが、取り敢えず揃えたいグッズになります。

 

そして気に留めておきたいのが、乗船する時の服装。

 

一応普段着でも構わないけれど、釣り船が出航して、ポイントまで到着するまでの間は結構な風と波シブキを浴びたりします。

 

なので、雨ガッパとか、レインコートなどを用意すれば上々でしょう。

 

船釣りではライフジャケットが必要で、国交省の桜マーク付きの着用が義務付けされています。

 

メーカーから販売されているライフジャケットは日本小型船舶検査機構(JCI)傘下の検定を受けている旨記載されています。

 

遊漁船で貸し出してくれたりも、しています。初めての予約の際には臆せず、訪ねてみてください。

 

次に乗船時の靴は、出来れば滑りにくいゴム長靴とか、濡れても良いシューズが一般的で、船上では安心です。

 

他に船上で便利な持ち物といえば、タオルとか帽子とかサングラスはあった方が、より快適な船釣りを楽しめます。

 
             
             
             
             
             
             
             

 

検索してみよう ネットショップ

先ずは、検索船竿、リール。

仕掛けや小物、グッズに至るまで。

  • 船竿
  • リール
  • 仕掛け
  • 防寒着
  • GORE-TEX
  • フィッシングウェア
船竿 / リール / 仕掛け / 防寒着 / GORE-TEX / フィッシングウェア / フィッシングブーツ
ページトップへ