アオリイカ 船釣り

アオリイカ釣りは、船釣りでもショアでも人気な釣りです。

 

一般的に、エギングとショアからだと、これに加えてヤエン釣りが面白い釣りです。

 

この釣りに特化したタックルも色々と開発されて多くの釣り人を魅了しています。

 

ここでは、活けアジをエサにした船釣りのご紹介です。

 

アオリイカを船で釣るスタイルは、ボートエギングが人気で、ショアエギングよりも穂先が敏感な細身のロッドを駆使して楽しむ船釣りです。

 

アオリイカを活けアジを使って釣るという方法はヤエン釣りとウキ釣りというのが、主流で岸からとか筏から釣るスタイルになります。

 

船からのアオリイカ釣は、かなり繊細な釣りになって初心者なら中々難しい方の釣りになるのではないかトモ感じます。

 

魚に比べてパフォーマンスが微妙で、グイグイ引っ張ってくれない事もないのですが、フッキングには神経を使わせられる獲物でしょう。

 

アオリイカを活けアジをエサにして船で釣るスタイルでは、ユニークな仕掛で挑みます。


市販 必殺仕掛人

 


アオリイカはエギか活けアジを使用するのが、一般的です。



エサは底物の魚を狙う活けアジよりもひと回り大きい方が、良いでしょう。

 

船竿は先調子(7:3~6:4)です。3m未満の短めの竿で、手巻両軸リールで狙います。基本手持ちで狙います。

 

船長から指示された棚まで降ろして、1~2回大きく上下にゆっくりと竿を動かして待ちます。

 

概ね海底から1~3mが目安になります。

 

ゲストには活けアジが大きいものだけに、メジロやアカヤガラ、ヒラメとか太刀魚ならドラゴンクラスが掛かったりもしますので、道糸はPE3~4号程度は欲しいところです。

 

アオリイカには、ラインの太さに気遣う必要はありません。むしろ潮の流れに留意した選択という事になります。

 


うれしいゲスト アカヤガラ
 

おススメロッド:アナリスタ 加太 アナリスタ 加太食わせ

おススメ両軸リール

 

いかにして微妙なアタリを察知して、フッキングさせるかがこの釣りの面白さになります。

 

さらに、ボートエギング以外に中オモリ式のエギを使用した船釣りでのアオリイカ狙いがあります。


アオリイカ釣り中オモリ仕様

 

ダイワ(DAIWA)  極鋭マルイカ EX AGS F

 

おススメ両軸リール:シマノ オシアコンクエスト200PG

 

主に秋イカの時期に釣るスタイルです。

 

海岸線の見える様な近くを狙ったりします。夕方から真夜中にかけて釣るイメージです。

 

軽く投げてオモリが着底したら、オモリを1~3mほど上げる感覚でリールを巻きます。

 

仕掛けのハリスの号数は太い方が根ガカリの対処では楽、獲物の喰いは号数に関係ない様です。

 

むしろエギを潮に乗せる感覚で号数を選択します。

 

ケンサキ系は電動でユックリ誘い、アオリはオモリ底着後、エギが50~70 ㎝程度底を切るイメージで仕掛けを上げて1回シャクルスタイルです。

 

そのシャクリの後7~10秒程じっとしてアタリを待ちます。

 

コレを3回程繰り返して再度、底取りをおもむろに・・・クラッチを切ります。

 

喰い渋りを感じたら、仕掛けを一旦回収して再び投入します。

 

このフォール時に喰いアタリが結構あります。手元に意識を集中してラインを弛ませない様にします。

 

船べりは注意します。ココにイカが吸い付いたら少々大変です。イカパンチの後は、釣れる可能性が大です。

 

その辺りをネチネチ集中攻撃します。

 

このアオリ釣りの場合、竿は短竿が使い易いでしょう。

 

なので、タナ取りの時は穂先を海面に向けて調整。シャクリは竿先を海面から海面と水平方向にまで竿が振れれば十分です。

 

キビキビしたシャクリを1回くれてやるのが基本の様です。

 

             
             
             
             
             
             
             

 

検索してみよう ネットショップ

先ずは、検索船竿、リール。

仕掛けや小物、グッズに至るまで。

  • 船竿
  • リール
  • 仕掛け
  • 防寒着
  • GORE-TEX
  • フィッシングウェア
船竿 / リール / 仕掛け / 防寒着 / GORE-TEX / フィッシングウェア / フィッシングブーツ
ページトップへ