オニカサゴ 船釣り

 

オニカサゴは、カサゴとは違って中深海ででお目にかかれる魚です。

 

カサゴはアコウ(キジハタ)のノマセ釣りでのゲストというイメージです。

 

あるいは漁港で豆アジを釣りに行くと、カサゴの小さいのが釣れたりもします。

 

オニカサゴはカサゴに比べて鮮やかな朱色で、ヒレが鋭利なので注意が必要です。

 

中深海での釣りでは、水中ライトが功を奏す場合があるので、バックに忍ばせて、船釣りに出かけます。

 

 

【がまかつ Gamakatsu】がまかつ Gamakatsu オニカサゴ仕掛 フロート仕様 18-6 FO106 45915

 

オススメ(先調子)ロッド:ダイワ 極鋭 中深場 M‐205 AGS

おススメの電動リール

 

上図の仕掛けで海底付近を狙います。エサは塩サバの切り身や、カツオの腹も、イカの切り身を使用します。

 

ムツ針はネムリの深い針で、100mを超える深さの中をシッカリアワセて獲物を確保するために、使用します。

 

オニカサゴは耐圧性の強い魚で海上に浮いても、カサゴの様におとなしくは無くて、結構威勢の良い獲物です。

 

中深海からの獲物を浮かせるプロセスで、針穴が大きくなってウッカリすると網で掬う前に取りこぼしてしまう事にもなりかねません。

 

そうなると、あっという間に深場へ逃げてしまいます。なので、慎重に確保します。

 

針掛かりさせるには、電動のレバーで5~6m程高速で巻いてから、竿先の動きをチェックして、糸が弛まない様に電動で巻き上げにかかります。

 

その日の釣果と相談して、上図のおススメの市販の仕掛けを忍ばせておけば一層のチャンスが訪れるかもしれません。

 

中深海では、高級なゲストも結構釣れたりします。

 

 

水中ライトは、バッテリーも樹脂で覆われたタイプを使用する方が良いかもしれません。

 

100m越えの海中はねじ込み式のライトだと、浸水する事があります。

 

             
             
             
             
             
             
             

 

検索してみよう ネットショップ

先ずは、検索船竿、リール。

仕掛けや小物、グッズに至るまで。

  • 船竿
  • リール
  • 仕掛け
  • 防寒着
  • GORE-TEX
  • フィッシングウェア
船竿 / リール / 仕掛け / 防寒着 / GORE-TEX / フィッシングウェア / フィッシングブーツ
ページトップへ